ニュースリリース

骸骨の記念指輪

中世の大学では、博士の称号を取得した記念として、指輪の授与がおこなわれていたという記録がある。またルネサンス時代には、皇帝や国王が詩人を顕彰する際に、「詩聖冠」とともに指輪を贈っている。このような記念指輪は、戴冠式、同盟成立記念、戦勝記念、褒賞などの際や、個人的な誕生日、出産、結婚記念、死亡など、通過儀礼の節目にもつくられたりしている。多様な記念指輪のなかでも、ここではとくに死と関係ある特異なものを採りあげる。死者とのかかわりにおいて注目すべきものは、「メメン卜・モーリ」(死を忘れるな)という装飾指輪であって、十四世紀以降にあらわれている。これは開館や骸骨など死体をモティーフにしたものであり、葬儀の後、死者の思い出のために、関係者に配られている。すくなくとも日本人の感覚では、これらのモティーフを身につけるという発想はない。むしろそれを縁起の悪いものとして、忌み嫌う風潮がつよい。この差はいったい何に起因するのであろうか。ここにヨーロッパ人における死との特別なかかわり方があるように思われる。

十四世紀のはじめ、ヨーロッパは天候不順によって大飢鐘に見舞われ、多くの死者を出した。さらにイングランドとフランスの百年戦争、二二四八年からヨーロッパで大流行したベストなどによって、死は日常生活のなかに入り込み、「鞭打ち苦行」、「死の舞踏」という特異な集団行動を引き起こしている。こうして自分の体を鞭で故意に傷つけたり、死者や骸骨を克明に描くことによって、人びとは死を直視し、かつ死の恐怖から逃れようとした。もともと死は、寄る辺ない人間にとって、避けて通れないものであったが、キリスト教がヨーロッパの人びとのこころを捉えた理由のひとつに、この宗教の説く死後の世界への安らぎがあったといえよう。

キリスト教の教えでは、現世の行状によって死後、天国か地獄へ行くことになっていたけれども、十三世紀以降、その中聞の煉獄という領域が設けられ、罪を犯したものでもここで償えば天国へいけるとした。当時から巡礼が流行し、人びとはあの世のしあわせを願って、難難を乗り越え、ローマ、サンティアゴ・デ・コンポステラ、果てはエルサレムまでも意を決して巡礼に出かけている。こうして現世よりも死後のことを考える気持ちは、死を身近なものにしたし、死への愛着の念すら生みだしている。これは当時の絵画や図像にはっきりとあらわれており、とくにこの風潮は中世だけでなく、ルネサンス期の美術にまで広がっていた特徴でもあった。

 

鍵つき指輪

ひとたびヨーロッパに足を踏み入れてみれば、鍵が日常生活に不可欠なものであることがよく分かる。人びとは幾種類もの鍵を束ねて持ち歩き、個室や戸棚、引き出しなど、開閉部はほとんど施錠されるようになっている。陸続きであったヨーロッパでは、異民族の侵入による戦争、略奪、紛争を長年経験してきたので防衛意識が発達し、独特の鍵文化社会が形成されたといえよう。鍵はすでに紀元前から、古代ギリシアやローマ時代に、外敵から身を守り、また財産を保持するために使用されてきみこた。しかし、その本来の用途のみならず、これは、もともとは亙女や女神など女性の持ち物でもあった。それゆえに、鍵は古くから主婦権のシンボルとなっている。さらに鍵は『聖書』にあるように、キリストの権威のシンボルであって、キリストはこれを直接ベテロに委譲したといわれ、ローマ教皇は鍵を代々継承してきた。

鍵はキリスト教以前から重要視されており、さらに先述したように指輪も権威のシンボルであったので、鍵と指輪を合体させたのは、印章指輪の場合と同様に、実用的な意味だけではなく、もっと深い象徴的な意味があったように思われる。というのは、古代ローマ時代では婚約が成立すると、男性は鍵つき指輪を女性に贈るという習慣があったからだ。鍵つき指輪は紀元前二世紀ごろに出現し、とくに紀元一世紀から三世紀ごろにかけて流行しているが、すでにこの時代に、鍵が主婦権のシンボルとみなされていたことは確実である。したがってローマ人は、鍵の習俗と切れ目のない指輪の円環のシンボルを合体させて、男女を結びつける鍵っき指輪を生みだし、これを将来の妻に対する契約の成立を保証するしるしとしたのではなかろうか。

さらに鍵と指輪の合体は、古代ローマ人の生活習慣とも関係していたと考えられる。すなわち、かれらはトーガという長方形の布をまとっていたが、それにはポケットがついていなかったので、これが鍵つき指輪の生まれる理由のひとつであったといわれている。またローマ人が風呂好きであったことはよく知られており、入浴中でも貴重品を肌身離さないようにするために鍵つき指輪を必要としたという説もある。いずれにせよ、古代ローマで鍵つき指輪が普及した背景として、ローマがカルタゴとの三度にわたるポエニ戦争の勝利によって、地中海全域の冶金、加工技術を手中に収め、高度の金属加工技術の蓄積があったことが挙げられよう。

現代の指輪(婚約指輪)

現代の指輪は主に、結婚指輪や婚約指輪として使われます。
結婚が決まり幸せいっぱいで結婚指輪と婚約指輪を選びます。「素敵なことが起こりそう 」そんな期待をロマンティックな花モティーフに託し 愛らしさと華やかさのある花嫁になる。さあ、運命婚約指輪と結婚指輪選びの始まりです。
婚約指輪では色鮮やかな宝石に託すふたりの未来に寄り添う二つの花は、 愛し合うふたりのよう。さまざまな サイズのカラーのサファイ アと ダイヤモンド、そしてイエロー ゴールドのコンビネーションの婚約指輪があります。幸せな気分をいっそう盛 り上げます。
彼の愛を受け止める 気高きダイヤモン ドの婚約指輪はエレガントなー輸のバラに込められた彼の思い。それは、 「あなたを尊敬し、愛していますという情熱的なメ ッセージ。 この婚約指輪は愛を語るにふさわしい輝きに満ちています。 職人の熟練した技がダイヤモンドのに集約され、まるで肌の上で光の花が戯れているかのような婚約指輪です。

夢にま で見た婚約指輪は、まるでひと つの芸術品

永遠のモティーフ に真実の愛を誓う 「 申し分のない魅力が花言葉の カメリア をモティ―フにした 婚約指輪は、 チャーミングな花嫁に ぴったりです。花全体にダイヤモンドと ピンクサファイアが敷き詰められ、 立体的で自然なカーブを描いています。
ひとつひとつのダイヤモンドでふたりの愛を語り大切な思い出を 永遠に守り 続けます。記念日ごとに アイ テムをふやしていくのも素敵。婚約指輪選びはまずはたくさんの指輪を見ることが大事です。まずはネットで婚約指輪を見てみましょう。

 

武器としての指輪

身近な日常的な持ち物が武器になったり、護身用具になったりする事例がある。日本でもかつて杖、尺八、鉄扇などがそうであったが、とくに陸続きのヨーロッパで、たえず異民族との乳蝶や戦争を経験してきた人びとは、防衛に対して特別な意識をもっていた。種々の重厚な甲胃・武器のみならず、城壁をめぐらせた都市の構造、さらに鍵文化もそのあらわれであろう。ヨーロッパでは、指輪も護身用の武器として使用されたという事実がある。イギリスの作家マロリの『アーサー王の死』には、この指輪によって英雄が怪我を防止した話が載っている。その起源は、現在でもインドやモロッコ、ソマリアなどでみられる、防具としてのプレスレットやアームレットなどの大型リングにあるように思われる。これは一見すると装飾用に見えるが、いざという場合、身を守る武器の役割をも果たしている。

これらと類似したギザギザのある輪状のものが、イタリアからたびたび出土し、「古代ローマの剣士のリング」と名づけられている。しかし、美術史家で指輪研究者のパトケの説によれば、これは指輪にしては大きすぎるので、たぶん根棒と一緒に使用された武具ではないかと推測されている。さらにドイツ農民戦争時の実在の騎士、「鉄の爪ゲツツ」は、ゲーテの『ゲツツ』の戯曲でよく知られているが、武器としての指輪とは異なるとはいえ、彼の鉄の手がその役割を果たしている。

もっとも古いこの種の婚約指輪は、四世紀の後期ローマ時代のものである。これは宝石入りの三つの指輪の繋がっためずらしい形状をしており、墓から出土しているので、武器というより、護符として死者とともに埋葬されたものと考えられている。さらに南部ドイツおよびティロル地方で、中世以降、農民が使用していたとおぼしき多数の防具用(武器)としての指輪が残っている。材料は鉄、鉛、鋼、真鏡、銀などのものが多い。これは「ベルリン民俗博物館」に所蔵されているが、なぜこれだけ多く残っているのか不思議なほどである。おそらくふだんは護符として身につけていたのではないかと推測され、何らかの理由でこれが農民のあいだで流行していたのかもしれない。というのも、防具指輪のモティーフには、聖アントニウスの肖像がよく用いられており、この聖者は「予期せぬ死に対するパトロン」として、人びとの信仰を集めていたからである。

本来の攻撃用武器としての指輪を好んだのは、血気盛んな若者であった。かれらは相手からの攻撃、喧嘩、学生の決闘あるいはブルシエンシャフトの蜂起のときに、実際使ったという。いずれにせよ、これは男性の持ち物であった。とくに中世以来、学生の決闘は日常茶飯事であって、剣のほかに典型的な武器として、親指以外の四本の指にはめる鉄拳のリンがある程度知られている。これは防具指輪の変形であるが、その武器が実際のところ顔面にたった場合を想像すると、いささか背筋がぞっとする。以上のように、この種の指輪は一見すれば、装身具としてカ今ラージュすることができ、いったん何かあると武器になった。とくに相手が無防備の場合、素手より圧倒的に有利であった。この点からも、やはり長い指輪の文化を有するヨーロッパでは、万一に備えて自己防衛のために気を配っていたことが分かる。

ローマ時代

古代ローマ時代の紀元前回世紀には、元老院や騎士が黄金の印章指輪を用いていたし、この共和制の時代では、外国に派遣される「使者たちは、国家から指輪か印章指輪を受け取っていた」。かれらは職務に就いているときには、金の指輪ないしは印章指輪をつけ、家では鉄の指輪をはめていたという。このように目的によって指輪を使い分けていた。紀元前二〜三世紀ごろ、権力者からの指輪の授与や印章の習慣はさらに広がったが、古代ローマ時代のエピソードとして、紀元前一二七年の対ハンニパルの戦いで、ローマの執政官マルケルスが戦死し、その印章指輪をハンニパルが奪ったという話がある。彼はマルケルスの印章を手紙に押し、隣国の撹乱戦法に出たが、マルケルスの友人のクリスピヌスがそれを見破っている。

帝政時代でも指輪は権威の象徴であったが、この時代の署名のかわりに用いられた印章指輪や印章は、現代でもかなり残っており、カエサルは「武装したヴィーナス」を、ローマの初代皇帝アウグストゥスは、「アレクサンドロス大王とスフィンクスを併置」したものを印章としていた。印章指輪は、もともと男性の持ちものとされ、ローマの帝政時代には左手薬指にはめるのが習わしであった。しかし鍵つき指輪と同様に、印章指輪を婚約指輪として女性に贈ることも、ローマ時代には実際におこなわれていた。

ヨーロッパの指輪文化

日本では婚約指輪といえば、ダイヤモンドかルビーなどの宝石つきのものや、金、銀製のシンプルな円形の結婚指輪や婚約指輪を思い浮かべる人が一般的であろう。しかしヨーロッパでは、長い伝統をもっ指輪にはこれらの装身具以外に、おどろくほど多くの種類がある。それは指輪が王権や宗教的権威の象徴を示し、さらに魔よけ、実用的用途、記念品、武器および護身具などにも用いられたためであろうが、ここからもヨーロッパにおける指輪文化の奥の深さと広がりを感じさせる。その他の日本ではあまりなじみのない、一連のめずらしい指輪を採りあげてみよう。

まず印章と指輪を合体させたものに印章指輪があるが、このルーツは指輪より歴史の古い印章に求められる。印章を大別すると、円筒印章とスタンプ式印章があって、後者は説明することもなかろうが、前者は粘土板の上へ円筒の表面に彫られた印章を転がしていく方式である。印章は封印や契約の際に用いられ、また統治者の権威のシンボルともされていた。貴重品であった印章は、保管に神経を使い、盗難や紛失をさける目的で、紐を通して首に吊るしたり、プレスレツトにつけたりもしている。この印章はおよそ紀元前回1000年以上前から、もともと小アジアのシユメールで使用され、やがて紀元前3000年ごろエジプトへ導入されている。その後スタンプ式印章と指輪を合体させ、便利な印章指輪が考案されるという歴史的経緯をたどった。

ヨーロッパ

中世ヨーロッパでは、印章指輪に紋章を描くという慣習が生まれた。ヨーロッパの紋章は、およそ十〜十二世紀ごろ出現しているが、その起源は騎士が頭からすっぽりとヘルメットをかぶったため、視界が狭まり、敵味方を確認するために、楯に紋様を描いたことによる。その後、紋章は代々継承され、王侯貴族、個人、家系および共同体のシンボルとなっていく。したがって紋章っきの印章指輪は、紋章文化の発展と軌を一にしているが、これはシンボルとしてめ紋章、押印、指輪という三種類の役割を果たしているといえる。この紋章っき印章指輪は、王侯の権威のシンボルとして、また国家間の条約締結の際や貴族階級のみならず、ギルドの親方、さらに台頭してきた商人たちが、売買契約の際や商標としても用いていた。

日本は「ハンコ社会」でありながら、指輪文化が発達しなかったので、ハンコと指輪を結びつけるという発想は生まれなかった。ヨーロッパ現在ではサインの文化圏に入っているけれども、かつては契約社会であり、印章万能の時代があった。AU したがって、印章指輪がおどろくほど広範に用いられていたが、その理由は、識字能力のない者でも2容易に押印することができたからである。こうしてとくに十四世紀以降、イニシャルを彫り込んだ印章指輪が庶民のあいだにも普及し、十五〜十六世紀には名前を彫り込んだものへと移行し、印章指輪の全盛期をむかえるのである。

ポアレ&ローリー•ロドキン•ゴシック  

宝飾界の老舗であるカルティエ•ジョアイエ•パリの元社長、ナタリー•オック•ショーエが1975年に創業したのがポアレです。コンセプトは“ヴァンドーム広場のお嬢さん”で、伝統的なジュエリーにはなかった斬新なカットやカラーストーンを用いた若々しいデザインが支持されています。現在はフランスの有力なブランドの一つとして、結婚指輪だけでなく、腕時計なども展開しています。なかでも、腕時計の「マ•プルミエ」はポアレの代表作として多くのファンを集めています。2014年にはポアレジャパンを設立して、再始動の準備を整えています。自身がすべてのデザインをてがけるジュエリーは、現代をエレガントに生きる女性に向けて発信されています。

中世のゴシックスタイルで高価な素材のハイジュエリーブランドを展開しているのは、ローリー•ロドキン•ゴシック。中世ゴシックスタイルを蘇らせたリングとして話題です。ハリウッドのブラッド•ピッド、ジョニー•デップ、ウィノナ•ライダー、ジーナ•デイビスなどが顧客リストに名を連ねています。ジュエリーの源は中世のゴシックスタイルで、本来はプラチナやダイヤといった高価な素材で展開されています。なお、日本では結婚指輪には日本人が好むシルバーラインの指輪も豊富です。

トレソロ

質の高いカナダゴールドをモントリオールの熟練のクラフトマンが編み上げるジュエリーブランドです。カナダは世界第3位の金輸出国ということもあり、リングはすべてゴールドを使用しています。なかでも、スリーカラーゴールドの優しい色合いは、日本人の肌によく合うと言われています。デザインは編み込みの柄で、紀元前5世紀から紀元前4世紀にかけてのギリシャやローマの様式や技術にヒントを得たものです。その美しさは、それも個性的で何ものにも代え難い輝きがあり、ゴールドを贅沢に使用しています。代表格はふたりの絆を象徴する縄をモチーフにしたシリーズです。結婚指輪としても、個性的なリングとしてファンを獲得しています。

AS TIME

石川暢子さんが展開するブランドの一つであり、アーティスティックなリングで知られるのがAS TIMEです。「ノブコ イシカワ」よりも、軽やかな印象を与えつつも、どことなくアンティーク調なテイストにしている点で一緒です。AS TIMEのブランド構成はロマンチックなMerhen(メルヘン)、木の実をモチーフとする可憐なFlora(フローラ)、ヨーロッパの伝統的な色や形をテーマにした気品さから成り立っています。

カルティエが生んだリングの数々

カルティエは女性だけでなく、セレブや芸術家にも愛される結婚指輪を数多く生み出して来ました。カルティエを象徴する指輪の一つである「トリニティ」は、1924年に生まれました。ジャン•コクトーの依頼から誕生したスリーカラーゴールドは、ピンクは愛を。イエローは忠誠を。ホワイトは友情を、、、「Trinity,all about you forever」をテーマにしており、ジュエリーの一つひとつにドラマティックな想いが込められています。スリーカラーゴールドが魅力的なトリニティですが、デイリーにつかえるタイプからゴージャスでリッチなデザインまで複数のモデルを展開しています。この「トリニティ」は日本でも過去に爆発的なブームになりました。

また、カルティエの代表的な愛のジュエリーである「LOVEコレクション」は、1970年代のニューヨークで生まれました。完成度が高いオーバルシェイプと端正なビスもチーフが特徴のラブリングは、「愛の絆」と「束縛」をテーマにしてつくられています。「永遠の愛」の象徴とされるLOVEリングは女性の永遠の憧れです。ラブリングはリングに“ビス”がほどこされたデザインで、シンプルながらも洗練された存在感を持っています。

このように複数のジュエリーラインが広く日本でも愛されているカルティエは、結婚指輪の選定においても、必ず候補に挙がる代表的なブランドだと言えるでしょう。