ミキモトの指輪

日本を代表するジュエラーとして世界にその名を知られるミキモト明治時代からヨーロッパの技術やデザインを積極的に導入し、編み出された独自のジュエリーは「ミキモトスタイル」と呼ばれ広く愛されてきました

真珠貝を養殖、収税し、デザイン、製作まで、気の遠くなるような時間と愛情を込めてジュエリーに仕上げるその姿勢は、ダイヤモンドリングにおいても同じシャンクとノレースを組み合わせて世界にたったひとつのエングージメントリングをオーダーするシステムやティアラのレンタルも人気花嫁を美しく際立たせます

Author: admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *